外国人を採用したい経営者と人事のためのワンストップサービスdnus(ディヌス)
🔰 初めての方 ログイン 無料会員登録
×

メニュー

無料会員登録 ログイン ホーム ニュース・記事

特定技能の介護とは?介護業の人材確保事情

article-logo
目次

    特定技能 介護とは

     

    高齢化が進み、要介護者が増えている反面、労働力が足りない状況が続き人手不足が深刻となっています。この状況は今後も続くため、外国人労働者を受け入れることにより、少しでも人手不足を解消できるよう特定技能1号の対象になりました。

     

    それでは、介護分野の現状、また特定技能1号の介護をもった外国人労働者を受け入れるために必要なことをご紹介します。

     

    ・介護分野での受け入れ見込み数

    介護分野での特定技能1号での受け入れ見込み数は、5年間の最大値で60,000人となっています。

     

    ・5年で介護分野で足りなくなる人数

    向こう5年で30万人ほどの人材が足りなくなる状況です。そのため、外国人労働者だけでは人材不足解消とまではいきません。しかし外国人労働者が入ってくれることで、環境がよくなり日本人の希望者も増えるような環境つくりをすることができます。

     

    介護の特定技能1号の要件

    介護の特定技能1号の要件をご説明しまあす。

     

    ・技能実習と技能試験、日本語試験

     

    ・特定技能1号で就業するために

    技能実習を修了するか、技能試験や日本語試験を合格する必要があります。

     

    技能試験は、仮の内容ではありますが以下のようになっています。

    「介護技能評価試験(仮称)」 

    ○ 試験言語:現地語 

    ○ 実施主体:予算成立後に厚生労働省が選定した民間事業者 ○ 実施方法:コンピューター・ベースド・テスティング(CBT)方式

     ○ 実施回数:国外:1年おおむね6回程度 国内:未定

     ○ 開始時期:平成31 年4月予定 

     

    引用 法務省

     

    介護業務の基本となる内容であり、一度は実務についたことがあるレベルの内容となっています。特定技能1号はすでに技術のある労働者が対象であり、この試験に合格をすることで業務をするための知識や技術があることを証明できます。

     

    「日本語能力判定テスト(仮称)」

     ○ 実施主体:独立行政法人国際交流基金 

    ○ 実施方法:コンピューター・ベースド・テスティング(CBT)方式

     ○ 実施回数:年おおむね6回程度、国外実施を予定 

    ○ 開始時期:平成31 年4月から活用予定

     

    引用 法務省

     

    介護では要介護者との会話が必要であり、支障のない程度の日本語力が必要となります。これらの試験は、第2号技能実習を修了している場合は受験する必要はありません。

    2-2.特定技能以外の外国人介護人材

    ・EAP

    インドネシア、フィリピン、ベトナムと経済連携協定を結んでおり、介護福祉士候補者として来日をし、養成学校や介護施設で研修を受けた後、介護福祉士国家試験を受け合格後介護福祉士として従事します。配偶者や子どもの帯同をすることができます。

     

    大きな目的は、経済連携の強化です。

     

    ・在留資格介護

    専門的な技術をもった外国人の受け入れが目的で、介護福祉士養成施設に留学をするか、介護施設で研修を受けることによって、介護福祉士国家試験を受け合格後介護福祉士として従事します。このルートは、EAPと同じなのですが、インドネシア、フィリピン、ベトナム以外の国籍の労働者もいます。

     

    ・技能実習

    日本で技術を覚えてもらって、それぞれの国へ技能移転をすることが大きな目的です。最大5年間実習を行います。この過程が修了したあとに、特定技能1号へ移管をできるようになりました。

     

    業務内容

    介護の1号特定技能を取得した場合、対象となる業務内容は以下のようになっています。

     

    ・利用者に対して

    介護施設利用者の入浴、食事、排せつなどのお手伝いなど

     

    ・支援業務

    レクリエーションの実施や機能訓練の補助

     

    外国人を受け入れる準備

    宿泊に関する特定技能を持つ外国人を受け入れるためには、報酬などの適切な雇用計画、外国人労働者への支援が必要となります。外国人の支援とは、日本語習得の支援、生活オリエンテーション、日本人のとの交流の促進に係る支援などがあります。

     

    4-1.雇用契約が適切であること

    外国人労働者と結ぶ雇用契約が、適切であることが大切です。例えば報酬額が同じ業務を行う日本人よりも少ない場合は、雇用契約が適切であるとはいえません。

     

    4-2.受け入れ態勢が整っている

    受け入れる外国人が日本の生活で困らないような住居の支援をしたり、理解をできる言語が分かる人を配置するなどの支援が必要となります。

     

    例えば、住居の要件だけでも以下のような多くの項目があります。

     

    (1)宿舎は火災による危険のある場所、衛生上有害な作業現場、被災の 恐れがある場所などの付近を避けること 

    (2)寝室が2階以上にある場合は、簡単に屋外に通じる階段を2カ所 以上設けること 

    (3)十分な消火設備を設置していること 

    (4)寝室は一人一人の十分なスペースを確保し、日当たりが良く、 採暖の設備を設けること (5)就眠時間が違う2組以上の実習生がいる場合、寝室を別にすること 

    (6)食堂又は炊事場は衛生環境を整備し、病害虫を防ぐこと 

    (7)トイレ、洗面所、洗濯場、浴場を設置し、清潔にすること

     (8)宿泊施設が労働基準法に基づく「事業の附属寄宿舎」に該当する 場合は、所定の届出等を行っていること 

     

    引用 農林水産省

     

    他にも外国人労働者が病院や銀行などで困らないような支援が必要です。

     

    4-3.5年以内の労働法令違反などがない

    5年以内に労働法令などの違反をしていると、特定技能を持つ外国人を受け入れることはできません。

     

    雇用契約が適切である、受け入れ態勢が整っているといった条件を満たしていない場合は、特定技能を持った外国人を受け入れることができないだけでなく、出入国在留管理庁から改善命令を受けることがあります。

     

    外国人を受け入れる申し込み方法

    介護分野の特定技能を持った外国人労働者を受け入れる方法をご紹介します。

     

    5-1.申し込み時の手順と必要なこと

    1号特定技能外国人支援計画を作成する必要があります。この計画書には、業務上、日常生活など幅広い範囲で外国人労働者を支援する内容を記載する必要があります。他にも以下のような書類の準備が必要です。

     

    5-2.必要な書類

    ・受け入れ期間の概要

    ・日本語能力を証する資料

    ・特定技能雇用計画書の写し

    ・業務に関する技能を証する資料

    ・1号特定技能外国人支援計画

     

    5-3.申し込み時の注意事項

    技能実習ビザの場合は介護共同組合が入国管理局に申請をするのですが、特定技能ビザの場合は受け入れ先の介護施設が申請をする必要があります。そのため、介護施設の経営状況によっては、審査に通るのが難しくなります。

     

    5-4.技能実習から特定技能ビザへの移行

    介護に関する技能実習のカリキュラムを修了したら、特定技能1号に移行が可能です。技能実習では3年間日本に従事が可能であり、特定技能1号での5年と加えて最長で8年間、日本で介護業に従事することができます。

     

    厚生労働省:介護分野における新たな外国人材の受入れ(在留資格「特定技能」)について

    https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_000117702.html

     

    技能実習が始まった後の注意点

    技能実習が始まった時の注意点は以下の様になります。

    6-1.報告が必要

    以下の様に、1号特定技能外国人支援計画として、定期的に外国人労働者を面談を行ったり、何かがあれば行政に通報する必要があります。

     

    第3条 法第2条の5第6項の1号特定技能外国人支援計画には,次に掲げる事項を記載しなけ ればならない。 

    一 次に掲げる事項を含む職業生活上,日常生活上又は社会生活上の支援の内容 

    イ 法別表第1の2の表の特定技能の項の下欄第1号に掲げる活動を行おうとする外国人に 係る在留資格認定証明書の交付の申請前(当該外国人が他の在留資格をもって本邦に 在留している場合にあっては,在留資格の変更の申請前)に,当該外国人に対し,特定技 能雇用契約の内容,当該外国人が本邦において行うことができる活動の内容,上陸及び 在留のための条件その他の当該外国人が本邦に上陸し在留するに当たって留意すべき 事項に関する情報の提供を実施すること。 

     

    ヌ 支援責任者又は支援担当者が当該外国人及びその監督をする立場にある者と定期的な 面談を実施し,労働基準法その他の労働に関する法令の規定に違反していることその他の 問題の発生を知ったときは,その旨を労働基準監督署その他の関係行政機関に通報する こと。 

     

    引用 法務省

     

    6-2.してはいけないこと

    禁止事項もありますので、ご確認ください。

     

    ・5年が最長

    通算5年を超えて就業はしてはいけません。2号であれば期限に制限がないのですが、介護はまだ2号に指定されていません。

     

    ・訪問系サービスは禁止

    訪問介護などの訪問系のサービスは対象外です。十分に注意をしてください。

     

    海外から招聘する場合

    介護の特定技能1号を取得するには、介護業技能測定試験に合格する必要がありますこの試験はベトナム、フィリピン、カンボジア、中 国、インドネシア、タイ、ミャンマー、ネパール、モンゴルといった9か国で行われる予定であり、特定技能1号の中でも海外から労働者をよびやすい環境が整っているのです。

     

    特定技能ビザを運用するために

    それでは、特定技能ビザを運用するためには、どのようなポイントがあるのでしょうか。それぞれ詳しくご紹介します。



    9-1.受け入れ上限人数について

    介護分野におけり特定技能1号対象の外国人労働者の受け入れは、最大で60,000人となっています。

     

    9-2.外国人労働者が働くことができる雇用形態

    介護の特定技能1号として就業する場合は、派遣形態は認められておらず直接雇用であることが必要です。

     

    今後さらに高齢化社会が続き、少子化でもあることから要介護者が増えて、労働力は減っていきます。今後も介護にて人手不足が続くでしょう。そのために外国人労働者が就業できるように、介護分野が特定技能1号の対象になったのですが、向こう5年で30万人の人手不足が予想されるのに受け入れ条件は60,000人となっています。

     

    そのため、受け入れを予定している企業は早めに対処をすることをおすすめします。

     




    関連記事

    article-logo
    日本企業は海外進出に意欲的?海外進出する際に知っておくべきことを徹底解説

    article-logo
    企業を変える存在?外国人採用のメリット
    新卒/ 第二新卒 転職/ 中途

    外国人を雇用したら必要な『外国人雇用状況』の届出とは
    新卒/ 第二新卒 転職/ 中途

    インバウンドがもたらす経済効果とは?メリットからデメリットまでを解説

    article-logo
    日本国籍の放棄(離脱・選択・喪失)とは何か?
    ビザ申請

    business-logo
    【PR】外国人採用適格性認定
    人材紹介 採用コンサル 特定技能/ 登録支援機関 ビザ申請 行政書士 社会保険労務士(社労士) ビザチェック その他士業サービス 外国人社員研修 日本人社員研修

    article-logo
    最初の難関!外国人が銀行口座を開設する時知っておきたい10のこと
    外国人受け入れサポート 銀行 送金

    article-logo
    【12/19開催】日本人より優秀?!外国人優秀エンジニア採用セミナー~採用からビザ申請まで一から解説~
    その他

    article-logo
    【12/10開催】接客、販売、営業職向け 外国人材活用セミナー ~採用からビザ申請まで一から解説~【行政書士法人Jinjer 共催】
    その他

    article-logo
    海外現地面接会で始める外国人採用【株式会社ネオキャリア Bridgers】
    人材紹介 新卒/ 第二新卒 転職/ 中途 採用コンサル その他人材サービス

    article-logo
    在留資格を持つ外国人材の派遣・紹介【株式会社藤伸興業の派遣事業部(TSK)】
    人材紹介 人材派遣

    business-logo
    【PR】レジデンストーキョーのマンスリーマンション
    不動産賃貸 社宅 その他賃貸住宅サービス
    注目のサービス
    ダウンロードの際にご登録された個人情報は資料ダウンロード元のサービス運営会社(その連携会社)に提供されます。
    外国人向け仕事マッチングアプリ Job&Work
    工場や物流などでの人手不足に!在留資格を持つ外国人派遣サービス
    ミャンマー人材紹介サービス
    【海外進出でまず必要】海外赴任規程の作成方法や、あまり知られていない注意点について
    Borderless Recruiting
    外国人採用
    外国人採用特化型求人サイト「 GaijinPot (ガイジンポット) 」
    外国人紹介サービス
    偽造在留カードチェッカー不法就労110番
    煩雑な外国人受入れ業務をバックアップ「camelsupport」