外国人を採用したい経営者と人事のためのワンストップサービスdnus(ディヌス)
🔰 初めての方 ログイン 無料会員登録
×

メニュー

無料会員登録 ログイン ホーム ニュース・記事

特定技能の外食とは?外食産業の労働者受け入れ事情とは

article-logo
目次

    特定技能 外食とは

    日本に訪れる外国人が増えており、宿泊業の人材が足りない状態が続いているのですが、旅行中はかなりの割合で外食を利用します。そのため外国人労働者が必要になるのです。これまでは多くの日本に来る外国人留学生が、週28時間の制限でアルバイトとして外食で仕事をしていることが多かったのですが、今後新しい在留資格として「特定技能1号」に外食が適応になったため、最長通算5年まで就業できるようになったのです。

     

    ・外食分野での受け入れ見込み数

    外食分野での特定技能での外国人労働者の受け入れ見込みは最大で53,000人です。

     

    ・5年で外食分野で足りなくなる人数

    向こう5年間で、外食分野での人手不足は29万人と言われており深刻な人手不足となっているのです。

     

    外食特定技能1号の要件

    外食産業の特定技能1号を得るには、「外食業技能測定試験」に合格をするか外食の第2号技能実習を修了する必要があります。

     

    ・外食業技能測定試験(仮称)

    日本国内とベトナムにて実施となっています。試験内容は、食品衛生に配慮した食品の取り扱い、調理や給仕などレストランでの一連の管理、接客全般など幅広い内容となっています。

     

    また判断能力や計画立案能力も問われる内容となっているのです。

     

    この試験は、出入国管理及び難民認定法第2条の4第1項の規定に基づき、外食業分野における特定技能の在留資格に係る制度の適正な運用を図るため、飲食物の調理、接客及び店舗管理の業務を行うのに必要な能力を測るために行われます。

     

    引用 一般社団法人外国人食品産業技能評価機構(OTAFF)

     

    ・日本語能力試験

    日本語能力試験とは、日本語能力を判定するための試験であり、N1からN5のレベル認定されます。特定技能を取得するためには、N4レベルが必要となります。

     

    外国人を受け入れる準備

    宿泊に関する特定技能を持つ外国人を受け入れるためには、報酬などの適切な雇用計画、外国人労働者への支援が必要となります。外国人の支援とは、日本語習得の支援、生活オリエンテーション、日本人のとの交流の促進に係る支援などがあります。

     

    業務内容

    外食産業の1号特定技能を取得した場合、対象となる業務内容は以下のようになっています。

     

    ・受け入れ事業者

    食堂

    レストラン

    料理店

    喫茶店

    ファーストフード

    テイクアウト専門店

    宅配専門店

    仕出し料理店

     

    ・業務区分

    飲食物調理

    接客

    店舗管理

    その他外食業全般

     

    原料の調達や配達などの付随した業務内容に関しては問題ありません。

     

    外国人を受け入れる準備

    農業の特定技能を持った外国人労働者を迎え入れるためには、いくつか基準があります。

     

    4-1.雇用契約が適切であること

    外国人労働者と結ぶ雇用契約が、適切であることが大切です。例えば報酬額が同じ業務を行う日本人よりも少ない場合は、雇用契約が適切であるとはいえません。

     

    4-2.受け入れ態勢が整っている

    受け入れる外国人が日本の生活で困らないような住居の支援をしたり、理解をできる言語が分かる人を配置するなどの支援が必要となります。

     

    例えば、住居の要件だけでも以下のような多くの項目があります。

     

    (1)宿舎は火災による危険のある場所、衛生上有害な作業現場、被災の 恐れがある場所などの付近を避けること 

    (2)寝室が2階以上にある場合は、簡単に屋外に通じる階段を2カ所 以上設けること 

    (3)十分な消火設備を設置していること 

    (4)寝室は一人一人の十分なスペースを確保し、日当たりが良く、 採暖の設備を設けること (5)就眠時間が違う2組以上の実習生がいる場合、寝室を別にすること 

    (6)食堂又は炊事場は衛生環境を整備し、病害虫を防ぐこと 

    (7)トイレ、洗面所、洗濯場、浴場を設置し、清潔にすること

     (8)宿泊施設が労働基準法に基づく「事業の附属寄宿舎」に該当する 場合は、所定の届出等を行っていること 

     

    引用 農林水産省

     

    他にも外国人労働者が病院や銀行などで困らないような支援が必要です。

     

    4-3.5年以内の労働法令違反などがない

    5年以内に労働法令などの違反をしていると、特定技能を持つ外国人を受け入れることはできません。

     

    雇用契約が適切である、受け入れ態勢が整っているといった条件を満たしていない場合は、特定技能を持った外国人を受け入れることができないだけでなく、出入国在留管理庁から改善命令を受けることがあります。



    外国人を受け入れる申し込み方法

    それでは宿泊特定技能1号において、外国人労働者を受け入れる申し込み方法をご紹介します。

     

    5-1.申し込み時の手順と必要なこと

    1号特定技能外国人支援計画を作成する必要があります。この計画書には、業務上、日常生活など幅広い範囲で外国人労働者を支援する内容を記載する必要があります。他にも以下のような書類の準備が必要です。

     

    5-2.必要な書類

    特定技能による外国人労働者の受け入れには、以下の書類が必要です。

    ・受け入れ期間の概要

    ・日本語能力を証する資料

    ・特定技能雇用計画書の写し

    ・業務に関する技能を証する資料

    ・1号特定技能外国人支援計画

     

    5-3.申し込み時の注意事項

    ・申し込みは店舗ごと

    外食産業における在留資格である特定技能ビザは、それぞれの店舗で申請をする必要があります。大手チェーンであれば良いのですが、個人で経営している店舗など経営状況によっては申請をしても審査に通らない可能性があります。

     

    5-4.技能実習から特定技能ビザへの移行

    外食に関する技能実習のカリキュラムを修了したら、特定技能1号に移行が可能です。技能実習では3年間日本に従事が可能であり、特定技能1号での5年と加えて最長で8年間、日本で宿泊業に従事することができます。

     

    農林水産省:外食業分野における外国人材の受入れについて

    http://www.maff.go.jp/j/shokusan/gaisyoku/gaikokujinzai.html

     

    技能実習が始まった後の注意点

    技能実習が始まった時の注意点は以下の様になります。

     

    6-1.通知が必要

    以下の様に、1号特定技能外国人支援計画として、定期的に外国人労働者を面談を行ったり、何かがあれば行政に通報する必要があります。

     

    第3条 法第2条の5第6項の1号特定技能外国人支援計画には,次に掲げる事項を記載しなけ ればならない。 

    一 次に掲げる事項を含む職業生活上,日常生活上又は社会生活上の支援の内容 

    イ 法別表第1の2の表の特定技能の項の下欄第1号に掲げる活動を行おうとする外国人に 係る在留資格認定証明書の交付の申請前(当該外国人が他の在留資格をもって本邦に 在留している場合にあっては,在留資格の変更の申請前)に,当該外国人に対し,特定技 能雇用契約の内容,当該外国人が本邦において行うことができる活動の内容,上陸及び 在留のための条件その他の当該外国人が本邦に上陸し在留するに当たって留意すべき 事項に関する情報の提供を実施すること。 

     

    ヌ 支援責任者又は支援担当者が当該外国人及びその監督をする立場にある者と定期的な 面談を実施し,労働基準法その他の労働に関する法令の規定に違反していることその他の 問題の発生を知ったときは,その旨を労働基準監督署その他の関係行政機関に通報する こと。 

     

    引用 法務省

     

    6-2.してはいけないこと

    ・通算5年を超えての就業

    特定技能1号は最長でも5年の就業と決まっています。この期間を越えて外国人労働者を労働させることはできません。外食が期限の決まっていない特定技能2号に設定されれば状況は変わってきます。

     

    ・接待は禁止

    歓楽的雰囲気を醸し出し、客をもてなすような行為は禁止です。具体的には、風営法の第2条に定められています。

     

    第二条 この法律において「風俗営業」とは、次の各号のいずれかに該当する営業をいう。

    一 キヤバレー、待合、料理店、カフエーその他設備を設けて客の接待をして客に遊興又は飲食をさせる営業

    二 喫茶店、バーその他設備を設けて客に飲食をさせる営業で、国家公安委員会規則で定めるところにより計つた営業所内の照度を十ルクス以下として営むもの(前号に該当する営業として営むものを除く。)

    三 喫茶店、バーその他設備を設けて客に飲食をさせる営業で、他から見通すことが困難であり、かつ、その広さが五平方メートル以下である客席を設けて営むもの

    3 この法律において「接待」とは、歓楽的雰囲気を醸し出す方法により客をもてなすことをいう。

    4 この法律において「接待飲食等営業」とは、第一項第一号から第三号までのいずれかに該当する営業をいう。

     

    引用 風営法

     

    海外から招聘する場合

    外食の特定技能1号を取得するには、外食業技能測定試験に合格する必要があります。しかしこの試験は現在日本とベトナムで行われている試験であり、実際にはベトナム以外の海外から外食の特定技能1号対象の外国人労働者をよぶことは容易でありません。

     

    ベトナムから招聘するケースは今後増えていくでしょう。

     

    特定技能ビザを運用するために

    それでは、特定技能ビザを運用するためには、どのようなポイントがあるのでしょうか。それぞれ詳しくご紹介します。

     

    8-1.外食業の特定技能ビザの獲得方法

    外食産業の特定技能1号を得るには、「外食業技能測定試験」に合格をするか外食の第2号技能実習を修了することが必要となります。

     

    8-2.受け入れ上限人数について

    外食産業における特定技能取得者数は最大53,000人となります。しかし向こう5年間で外食産業では29万人の人出不足となる可能性が高く、完全な人手不足の解消とまではいかないことが課題です。

     

    8-3.外国人労働者が働くことができる雇用形態

    外食の特定技能外国人の雇用は、直接雇用のみで派遣形態は適応されません。



    2020年にオリンピックが東京で開催されるなど、今後も外食にて人手が必要になっています。そのために外国人労働者が就業できるように、外食分野が特定技能1号の対象になったのですが、向こう5年で29万人の人手不足が予想されるのに受け入れ条件は53,000人となっています。

     

    そのため、受け入れを予定している企業は早めに対処をする必要があります。




    関連記事

    article-logo
    日本企業は海外進出に意欲的?海外進出する際に知っておくべきことを徹底解説

    article-logo
    企業を変える存在?外国人採用のメリット
    新卒/ 第二新卒 転職/ 中途

    外国人を雇用したら必要な『外国人雇用状況』の届出とは
    新卒/ 第二新卒 転職/ 中途

    インバウンドがもたらす経済効果とは?メリットからデメリットまでを解説

    article-logo
    日本国籍の放棄(離脱・選択・喪失)とは何か?
    ビザ申請

    business-logo
    【PR】一般社団法人 日本料飲外国人雇用協会
    人材紹介 人材派遣 新卒/ 第二新卒 転職/ 中途 求人媒体/ メディア 採用コンサル 特定技能/ 登録支援機関 特定活動

    article-logo
    最初の難関!外国人が銀行口座を開設する時知っておきたい10のこと
    外国人受け入れサポート 銀行 送金

    article-logo
    【12/19開催】日本人より優秀?!外国人優秀エンジニア採用セミナー~採用からビザ申請まで一から解説~
    その他

    article-logo
    【12/10開催】接客、販売、営業職向け 外国人材活用セミナー ~採用からビザ申請まで一から解説~【行政書士法人Jinjer 共催】
    その他

    article-logo
    海外現地面接会で始める外国人採用【株式会社ネオキャリア Bridgers】
    人材紹介 新卒/ 第二新卒 転職/ 中途 採用コンサル その他人材サービス

    article-logo
    在留資格を持つ外国人材の派遣・紹介【株式会社藤伸興業の派遣事業部(TSK)】
    人材紹介 人材派遣

    business-logo
    【PR】【oxalis】リファレンスチェックサービス
    その他人材サービス 外国人受け入れサポート その他
    注目のサービス
    ダウンロードの際にご登録された個人情報は資料ダウンロード元のサービス運営会社(その連携会社)に提供されます。
    THE YOROSHIKU GUIDE チラシ
    人財が必要な企業と外国人をマッチング
    JP SMART SIM
    在留外国人向け職業紹介及び人材派遣サービス「外人バンク」
    在日外国人留学生の採用支援・サポート ~GLOBAL Campus 外国人受入支援サービス
    理系外国人採用支援
    OYOLIFE スマホで借りられるラクラク賃貸
    人材不足に対するトータルサポート
    外国人向け賃貸、生活支援サービス
    外国人向け仕事マッチングアプリ Job&Work