外国人材の定着化には「教育」と「日本人社員とは異なるフォロー」を

外国人が安心して仕事をするためには、まずは「教育プログラム」を実施する必要があります。プログラムでは、日本語の教育のサポートを含め、日本の文化や商習慣、マナーといったものから、日本語教育のサポートやビジネス知識(ビジネス会話、ビジネス文書の書き方)など、ある程度時間をかけて教育する必要があります。そして教育と同時に外国人に特化したフォロー体制づくりが大切であり、企業側の理解と長期的なサポートが欠かせません。
公開日: 2020-06-01更新日: 2020-06-04
外国人材の定着化には「教育」と「日本人社員とは異なるフォロー」を