外国人採用支援の総合ポータルサイト dnus(ディヌス)
会員ログイン 無料会員登録
×

メニュー

無料会員登録 会員ログイン 資料 ニュース・記事 QA一覧 外国人採用企業向け資料
記事カテゴリー
人材サービス提供企業の一覧
人材紹介提供企業の一覧 人材派遣提供企業の一覧 アルバイト提供企業の一覧 新卒 / 第二新卒提供企業の一覧 転職 / 中途提供企業の一覧 求人媒体 / メディア提供企業の一覧 インターン提供企業の一覧 採用コンサル提供企業の一覧 採用代行 / RPO提供企業の一覧 特定技能 / 登録支援機関提供企業の一覧 技能実習提供企業の一覧 エンジニア提供企業の一覧 留学生提供企業の一覧 高度人材提供企業の一覧 その他人材サービス提供企業の一覧
ビザ / 士業
ビザ申請 行政書士 社会保険労務士(社労士) 司法書士 / 弁護士 ビザチェック 永住権 帰化 強制送還 国籍 在留カード 不法滞在 出入国在留管理庁 その他士業サービス
賃貸 / 住宅
不動産賃貸 社宅 家賃保証 その他賃貸住宅サービス
外国人受け入れサポート
外国人受け入れサポート インバウンド 訪日外国人
翻訳 / 通訳
翻訳 通訳
教育 / 語学
外国人社員研修 日本人社員研修 教育 / 日本語サービス
銀行 / 送金
銀行 送金
通信 / SIM
SIM WiFi インターネット スマートフォン
その他
海外進出 オフショア開発 その他

日本国籍を取得し帰化する条件とは?メリットやデメリット、帰化する方法や手続きを一挙公開

帰化 国籍
目次

    日本国籍を取得するためには、日本人もしくは日本の国籍を取得している両親から生まれていることが主な方法です。しかし日本人もしくは日本の国籍を持った両親から生まれていなくても日本の国籍を取得する方法があります。

     

    それは、必要な条件を満たし書類を揃えることにより、帰化をして日本の国籍を取得するという方法です。しかし日本国籍を得る代わりに、現在持っている国籍を放棄することになるため、大きな覚悟が必要です。しかし日本国籍を所得すると、日本で暮らしていく際に、日本人と同じ扱いになりいくつかのメリットを得ることができます。本ページでは、帰化をする意味や帰化のメリット、方法などをご紹介します。

     

    帰化して日本国籍を取得するということ

    国籍法にて、日本国民でなくても条件を満たせば日本国籍を得ることができます。

    第四条 日本国民でない者(以下「外国人」という。)は、帰化によつて、日本の国籍を取得することができる。

    引用 法務省

     

    3種類の帰化

     

    帰化には、普通帰化特別帰化簡易帰化ともよばれています)、大帰化の3種類あります。ここではそれぞれの特徴をご紹介します。

     

    ①普通帰化

    普通帰化をする場合は、以下の条件を満たしている必要があります。

     

    ・5年以上日本に滞在をしていること(住所があること)

    5年以上ただ日本に住んでいたらいいのではなく、在留資格を取得して就労していた期間が3年以上含まれていることが必須となります。また日本を90日以上出国したり、年間で合計して150日以上出国していた場合はこれより前に日本に滞在していた期間はカウントされません。

     

    ・20歳以上

    普通帰化の場合は20歳以上であることは必須となります。

     

    ・素行に問題がないこと

    素行条件は、犯罪歴がないことはもちろんなのですが、納税をしっかりとしていることが重要です。年金や住民税などの未払いがないか必ず確認をしてください。もし未払いがある場合は、帰化を申請する前に支払いを済ませるようにしてください。

     

    ・日本で暮らしていけるだけの生計を営むことができる(配偶者であっても問題ありません)

    目安としては、1か月で手取りで安定的に18万円以上稼いでいると文だいないでしょう。しかり扶養する家族が増えるごとに、この金額はあがってきます。仮に借入がこれまでにあったとしても、滞納がなければ問題ありません。

     

    ・日本国憲法を守っていること

    日本の政府を破壊するような団体に入っていたり、テロリスト集団にいるようであれば帰化が許可されることはありません。また重い交通違反も該当になる場合があるので注意をしてください。



    ②特別帰化(簡易帰化)

    日本人と結婚すなど、ある一定の条件を満たしていて普通帰化よりも条件が緩和されることをいいます。

     

    ・普通帰化であれば5年以上日本に滞在をしている必要がありますが、特別帰化であれば3年となります。父親もしくは母親が日本人で尚且つ日本で生まれた場合は、在住年数は関係なく帰化をすることができます。

     

    ・日本人の配偶者がいる場合は、必要居住年数は3年となります。さらにすでに結婚してから3年がたっている場合は、居住年数は1年になります。この場合に限り20歳未満でも帰化をすることができます。

     

    ・無国籍で日本で生まれた場合は、帰化するためには居住年数が3年となり生計要件は必要なく、20歳未満でも帰化をすることができます。

     

     

    ③大帰化

    上記に説明した普通帰化や特別帰化の条件に該当をしていなくても、日本に特別の功労がある場合は特別帰化をすることができます。しかしこのことは国籍法第9条に記載されているのですが、これまで該当になったことはありません。

     

    第九条 日本に特別の功労のある外国人については、法務大臣は、第五条第一項の規定にかかわらず、国会の承認を得て、その帰化を許可することができる。

    引用 国籍法

     

    帰化申請に必要な期間

    帰化申請をするために必要な期間は、申請をしてから書類審査が通り面接まで3~4か月、面接が終わってから正式に許可が下りるまで6~8か月つまり長いと1年以上かかると考えておくべきです。さらに申請をするまでに、必要な書類を揃えるだけでも大変な作業です。書類を揃えるのにどうしても自信のない方は法律事務所などに依頼をする方法もあります。

     

    許可が下りるまでの期間は年齢や、親族がすでに許可を得ているなど条件によって、大幅に変わってきます。

     

    帰化して日本国籍を取得するメリットとデメリット

    日本国籍を取得すると様々なメリットやデメリットがあります。帰化を考える前にこの両方をしっかりと理解する必要があります。

     

    帰化して日本国籍を取得するメリット

    日本国籍を取得をすると、日本人と同じ扱いになります。このため在留資格では制限されていたことが、制限されなくなるのです。必要書類を取得するのは役所であることが多くなり、日本人と結婚をする場合でも役所に婚姻届けを出せばすみます。

     

    さらに社会保険や銀行からの融資なと日本人と同じ権利が生まれるのです。永住ビザのように条件を満たさなくなれば、帰国しないといけないということもありません。

     

    帰化して日本国籍を取得するデメリット

    日本国籍を取得するということは、今持っている国籍を捨てるということです。そのためこれまでと同じ生活は出来なくなるという点があります。永住ビザであれば元の国籍をもったまま日本に期限なく住むことができるので、この点は帰化と永住ビザの大きな違いだといえます。

     

    日本国籍を取得するための帰化をする方法

    帰化をするための方法をご紹介します。揃える書類は多く、条件も多いのでよく確認をするようにしてください。

     

    帰化をするために必要な書類

    帰化をするためには、以下のような書類が必要です。それぞれ取得できる場所が違い、時間がかかる書類もあります。また海外で取得が必要なものは、日本語訳をする必要もあります。審査条件を満たしていれば、あとはこれらの書類で審査が決まるといっても過言ではないので、時間をかけてじっくりと揃えたいものです。

     

    ・帰化許可申請書(申請者の写真が必要となります。)

    ・親族の概要を記載した書類

    ・帰化の動機書

    ・履歴書

    ・生計の概要を記載した書類

    ・事業の概要を記載した書類

    ・住民票の写し

    ・国籍を証明する書類

    ・親族関係を証明する書類

    ・納税を証明する書類

    ・収入を証明する書類

    ・在留歴を証する書類

     

    引用 法務省

     

    帰化をするために必要な手順

    帰化をするためにまず必要なことは、上記で説明をしたように必要書類を揃えることです。国籍などの条件により必要書類は異なるのですが、主に上記の書類が必要になります。特に親族の概要を記載した書類など母国で取得をする必要があり、さらに日本語訳をする必要があります。

     

    書類には2種類あり役所などでとってくるものと、自分で作成するものがあります。自分で作成する書類には履歴書や親族の概要が分かる書類、帰化許可申請書、帰化の動機書などがあります。これらの書類の内容も帰化をする際の審査に影響をします。

     

    上記の書類が揃った時点で法務局に提出をします。しかしどの法務局でもいいわけではなく、国籍課がある法務局でなければいけません。この書類が受理されると、面接になるのですが書類審査に2~3か月あると考えてください。

     

    面接が終わると、4~6か月たったあと、最終的な結果がでます。許可になった場合は14日以内に市役所など近所の役所に日本国籍を取得したことを伝える必要があります。また外国人登録証明書の返却をして、はれて日本人となります。これらの全てのステップは早くて10か月程、長くて1年以上かかることもあります。

     

    面接

    面接では、どんなことを聞かれるか心配になるかたもいらっしゃるでしょう。しかし面接官の意図はある程度決まっています。

     

    ・本当に帰化をしたいのか

    ・なぜ帰化をしたいのか

    ・日本に来ることになった理由

    ・日本に住んでいる期間

    ・日本でこれから何をしたいのか

     

    帰化の動機書にも同じ内容を書くことになるのですが、言葉でもしっかりと伝える必要があります。またこれまでのことだけでなく、これから将来的に日本に住む意思を見せなければいけません。

     

    上記の他にも、仕事の内容、家族構成、納税をしっかりとしているかなど帰化をするための条件を満たしているかどうか口頭で聞いてきます。いずれも証明する書類が必要であるためそれらを揃える時に口頭でも説明できるようにしておいてください。

     

    面接でも帰化する条件を満たしているかどうかを確認したいのです。すでに書類審査を通っているので問題が内容に思えるのですが、面接に対して準備をしたいことは、条件を満たすために必要なことをしっかりと口頭で言えるようにすることです。また動機書など自分で何を書いたか忘れないように、コピーをとっておくことも大切です。

     

    嘘をつくことが最もよくないのですが、提出した書類の内容と面接の内容が異ならないように注意をしてください。発言内容に矛盾が生じると、マイナス材料となる可能性もあります。十分に事前準備をすることが大切です。

     

    そうはいっても、しっかりと書類を揃えて条件が揃っていれば面接で落ちる可能性はさほどありません。面接はどうしても緊張をしてしまうものですが、しっかりとポイントさえおさえておけば問題ありません。帰化をしたいという気持ちを相手に伝えることが大切です。

     

    まとめ

     

    帰化をして日本国籍を取得すると、日本人と同じ扱いになります。そのため在留ビザでは制限されていたことが、帰化をすることで制限されなくなります。しかし永住ビザと違い、これまでの国籍を捨てることになるので、十分な覚悟が必要になるため、メリットやデメリットなどを十分に考えるようにしてください。

     

    帰化をするということは、日本人になるということです。日本人と同じ権利があり、再入国申請や強制退去制度も適応されません。




    関連記事

    article-logo
    【2020年最新版】日本国籍を取得する方法は?取得は難しい?再取得は可能?徹底解説
    国籍

    article-logo
    日本国籍を取得したい!日本人になりたい外国人の日本国籍の所得方法から結婚時に日本国籍が取得できるかまで徹底解説
    帰化 国籍

    article-logo
    日本国籍を所得するメリットは?デメリットや、永住権との違い、所得方法まで徹底解説
    帰化 国籍

    article-logo
    【2020年度】日本に帰化したい!申請時にかかる費用を細かく解説
    帰化

    article-logo
    日本国籍の放棄(離脱・選択・喪失)とは何か?
    ビザ申請 国籍

    business-logo
    【PR】外国人求職者に特化したマッチングプラットフォーム「JOB&WORK」
    人材紹介提供企業の一覧 人材派遣提供企業の一覧 アルバイト提供企業の一覧 新卒 / 第二新卒提供企業の一覧 転職 / 中途提供企業の一覧 求人媒体 / メディア提供企業の一覧 採用代行 / RPO提供企業の一覧

    article-logo
    日本人と結婚したらすぐ帰化できるのか?条件の緩和はされるのか?
    帰化

    article-logo
    日本に帰化するのは難しいのか?その理由とは!
    帰化

    article-logo
    意外な効果も!日本で帰化申請を行う意味は?
    帰化

    article-logo
    ここに注意しよう!失敗しやすい帰化への条件
    帰化

    article-logo
    ハードルは高い?帰化申請に必要な条件とは?
    ビザチェック 帰化

    business-logo
    【PR】国内・国外外国人エンジニア紹介サービス
    人材紹介提供企業の一覧 特定技能 / 登録支援機関提供企業の一覧 不動産賃貸 その他賃貸住宅サービス ビザ申請 外国人社員研修 外国人受け入れサポート
    注目のサービス
    ダウンロードの際にご登録された個人情報は資料ダウンロード元のサービス運営会社(その連携会社)に提供されます。
    外国人スタッフの総合管理アプリ「Connectee」
    外国人採用代行サービス
    「外国人人材採用サービス」のご案内
    在日外国人留学生の採用支援・サポート ~GLOBAL Campus 外国人受入支援サービス
    外国人採用のGACCHI(ガッチ)
    外国人エンジニア特化の転職エージェント
    留学生・在日外国人が日本の人手不足を解消する【YOLOバイト】
    【ITエンジニア×日本語上級】の採用ならTOMATES AGENT(トゥメイツ エージェント)
    日本在住の優秀な外国人留学生採用を実現する"グローバルJOB"
    日本人の価値観や慣習を学ぶ!KIBIラーニング