外国人採用支援の総合ポータルサイト dnus(ディヌス)
🔰 初めての方 会員ログイン 無料会員登録
×

メニュー

無料会員登録 会員ログイン ホーム ニュース・記事
記事カテゴリー
人材サービス
人材紹介 人材派遣 アルバイト 新卒 / 第二新卒 転職 / 中途 求人媒体 / メディア インターン 採用コンサル 採用代行 / RPO 特定技能 / 登録支援機関 技能実習 エンジニア 留学生 高度人材 その他人材サービス
ビザ / 士業
ビザ申請 行政書士 社会保険労務士(社労士) 司法書士 / 弁護士 ビザチェック 永住権 帰化 強制送還 国籍 在留カード 不法滞在 出入国在留管理庁 その他士業サービス
賃貸 / 住宅
不動産賃貸 社宅 家賃保証 その他賃貸住宅サービス
外国人受け入れサポート
外国人受け入れサポート インバウンド 訪日外国人
翻訳 / 通訳
翻訳 通訳
教育 / 語学
外国人社員研修 日本人社員研修 教育 / 日本語サービス
銀行 / 送金
銀行 送金
通信 / SIM
SIM WiFi インターネット スマートフォン
その他
海外進出 オフショア開発 その他

日本企業は海外進出に意欲的?海外進出する際に知っておくべきことを徹底解説

海外進出
article-logo
目次

     

     

     

    近年、海外進出することに対して意欲的な日本企業が増えてきました。日本国内から海外へ市場を広げることで得られるメリットはそれ程にも大きいものなのでしょうか。

     

    海外進出しやすい環境が用意されていても、入念な準備をしないと失敗する可能性も十分あるのです。この記事では、日本企業が海外進出する際に知っておくべきことを解説していきます。

     

    海外進出を目指す日本企業が求めることとは

    日本国内は人口減少が進み、市場規模も海外に比べると小さいため会社の存続をかけた企業経営が求められます。同業者間の競争の中、手立てである製品やサービスを生み出し生き残るために一生懸命な日本企業も珍しくありません。

     

    海外進出に対して日本企業が求めるのは、市場を日本から海外へ広げることで販路を拡大し、新しいビジネスチャンスを掴むことです。ビジネスチャンスを掴むことで、主力商品のみで勝負できる可能性も出てきます。

     

    企業の理念に沿った経営をすれば、企業の経営状態や従業員の満足度も安定し存続のために必死になる必要もなくなるのです。

     

     

    日本企業にとって海外進出しやすい環境が揃っている

    日本企業にとって海外進出は比較的しやすい環境にあります。日本の食文化や伝統文化などに興味を持っている人も昔に比べると増えてきました。ここからは、海外に日本企業が進出しやすいポイントを解説していきます。

     

    1.日本ブランドへの興味関心が高まっている

    寿司やうどんなどの日本の食文化や、着物や焼き物などの伝統文化に興味関心を持つ人も海外では増えてきました。他にも、日本にはアニメがありその素晴らしさに虜になる人も少なくありません。このように、日本ブランドは時間をかけて確立された結果世界に認められる1つのカテゴリになっています。

     

    日本ブランドにもともと興味関心を持っている人が増えている環境下で、日本企業が海外進出をすれば注目度も高く成功する可能性も高まります。

     

    特に、日本の食文化や伝統文化に関連した事業であれば海外の人々も親近感が湧きやすく現地にも溶け込みやすいでしょう。日本企業というだけで、注目されやすく製品やサービスの展開の仕方次第では大きな利益を生み出すことができる環境が海外には用意されているのです。

     

    2.販路拡大するチャンスがある

    日本企業が海外進出することで、販路拡大するチャンスを得ることができます。販路拡大に成功すれば、スムーズなルートが整っているので国内外問わず効率よく増益を追い求めることが可能です。海外進出後、日本企業が現地とのズレに悩むことなく経営することができるかが鍵となります。

     

    たとえば、国内外でヒット商品が出たとします。海外で商品を生産し、日本へ納品するまでの流れを利益も出るように作っていればスムーズな業績の向上を期待することができるわけです。

     

     

    海外進出する日本企業のメリットデメリット

     

    海外進出することで日本企業にはどのようなメリットデメリットがあるのでしょうか。海外進出を検討する日本企業のほとんどが、海外市場を経験するのが初めてなので失敗する可能性も十分持っています。

     

    事前に海外進出するにあたってメリットデメリットを知っておけば、失敗しかけても軌道修正できる可能性もあるわけです。ここからは、海外進出する日本企業のメリットデメリットについて解説します。

     

    1.コストカットできる

    海外進出することで、日本国内ではコストが高くなりがちな部分を削ることができます。具体的には、人件費や税金を抑えることができるのです。そのため、商品やサービスの質自体を下げる努力をする必要性が低くなります。

     

    人件費や税金を抑えるためには、1人当たりにかかる時給や税率が低い国を進出国として選ぶのが妥当でしょう。日本と同じ、もしくは高い人件費や税金の国に海外進出するケースはほとんどありません。

     

    2.新規事業のヒントが得られる

    日本企業は海外進出することで、新規事業のヒントを得ることができます。海外市場には日本市場とは比べ物にならなくらいの製品やサービスがあるため刺激も多いです。一方で、どうすれば新しい事業を生み出すことができるか考える日本企業にとっては情報の宝庫にもなります。

     

    海外拠点を置いて、新規事業を始めてみたいと考える日本企業の場合は自分たちの凝り固まった考え方を捨てることが大切です。それで初めて、海外市場にある斬新な製品やサービスを受け入れ新しいヒントを得ることができます。

     

    3.現地の文化や考えに慣れるのに時間がかかる

    日本企業が海外進出する上で、悩みの種になりやすいのが現地とのズレです。日本と海外では当然のことではありますが、文化や考えが異なります。そのため、日本では問題なくできることでも海外では受け入れに時間を要することもあるのです。

     

    現地とのズレを理解し受け入れるのには、日本企業側もそれなりの準備をしておくことが求められます。現地の文化や考えを受け入れることができれば、現場のニーズも汲み取りやすく結果的に海外進出を成功に導きやすくなるでしょう。

     

    4.為替レートによって利益が変化してしまう

    海外進出をする上で日本企業が心配になるのが為替レートです。海外進出する際、進出国は発展途上国や新興国に決める企業も多く為替レートにそれ程影響が無いだろうと楽観視するケースは珍しくありません。しかし、為替レートは1ドルあたりたった10円違うだけでも企業にとっては大きな利益の変動になるのです。

     

    為替レートによりその都度、利益の変動を受けるのは大変です。それを避けるためには、海外進出した時に為替レートを固定した契約をするのがおすすめです。そうすれば、為替レートに左右されることもないので安心です。

     

     

    日本企業が海外進出するときの注意点

     

    日本企業が海外進出を初めてするときは注意したほうが良いことがたくさんあります。現地とのズレにより、日本企業のスタンスが上手く受け入れられず海外進出が失敗してしまうことも十分あり得ます。ここからは、日本企業が海外進出するときの注意点を2つ紹介します。

     

    1.海外進出する前に効果検証する

    海外進出が決まったら現地に駆け付けてオフィスをどこに開設するか決めるものと考える人も多いでしょう。しかし、その方法は多大なリスクを背負いやすくあまりおすすめできません。

     

    近年はインターネットを利用して、十分効果検証をした上で海外進出するケースが増えてきました。SNSやリスティング広告の普及により、現地に足を運ぶことなく海外ユーザーの動向をリサーチすることが可能なのです。

     

    効果検証の結果を軽視してしまうと、現地に海外進出してから上手くPRできず失敗してしまう可能性もあります。効果検証は海外進出するにあたり大切なデータの一部であることを頭に入れておきましょう。

     

    2.決断に時間をかけない

    日本では1つの決断に時間をかけることは当たり前ですが、海外では素早い決断力が求められます。そのため、決断に時間をかけない方が現地企業との折り合いを上手くつけることができるでしょう。

     

    どうしても、重要なことを決める時は時間をかけてしまいがちな日本人ですがそれを海外の人はビジネスの場では受け入れてくれる可能性は低いと考えてよいでしょう。

     

    海外進出に向けて人材選びをする際も、決断力に長けているかどうかも1つの判断基準にすると海外進出後に躓くリスクも減らすことができます。決めごとをするシステムも、ある程度は現地スタッフの判断で行えるものに作り上げておくことも大切です。

     

     

    外国人を採用すれば日本企業の海外進出もしやすくなる

     

    近年、日本企業が外国人を採用するケースが増えてきました。外国人を積極的に企業に取り入れるにはさまざまな理由があります。何より、日本企業が得るメリットが大きいというのが根底にあると考えてよいでしょう。ここからは、外国人を採用することで日本企業がいかに海外進出しやすくなるのかを説明していきます。

     

    グローバル化に対応しやすい

    外国人を採用することで、日本企業のグローバル化に対応しやすくなります。特にいくつかの国の言語を話すことができたり、海外に長い間住んでいたりする人を採用すれば海外進出もスムーズにしやすくなります。

     

    日本人と違い現地とのズレを感じることも外国人を採用すれば少ないので、海外進出のチャンスを上手く活用できる可能性も高くなるでしょう。何より、海外で働くことへのストレスも少なく環境に順応しやすい企業づくりがしやすいのが強みです。

     

    グローバル化に対応しやすい人材を求める場合は、外国人採用も視野に入れてみるとよいでしょう。

     

    言語の壁に悩む必要がない

    外国人を採用することで、海外進出後も言葉の壁に悩むことがなくなります。海外拠点を開設する時に、外国人以外にも現地スタッフを数人派遣することもあるでしょう。その中に数か国語を話すことができる人がいれば心強いです。

     

    海外在住経験がある日本人スタッフを派遣すれば良いのではと考える人もいるでしょう。条件に当てはまるスタッフを社員に迎えるのはなかなか難しいのが現実です。そのため、外国人を初めから海外進出をすることを視野に入れて採用した方が手っ取り早いと言えるでしょう。

     

    進出先で信頼されやすい

    外国人を採用すれば、海外進出さきでも信頼されやすいです。これは、海外進出するにあたり大きなメリットだと言えるでしょう。特に、出身が進出先であったりその周辺であったりすると現地の人も日本人よりも親近感が湧きやすいです。

     

    ビジネスに関するスタンスも日本人と異なる感覚を持っている外国人は、初めて海外進出する日本企業にとって必要な人材です。信頼関係を築き上げる上でも、お互いができるだけギャップを感じずに済むことはビジネスを成功させるために重要なポイントだと言えるでしょう。

     

    日本企業は海外進出に意欲的。注意点も解説のまとめ

    日本企業は海外進出することで窮屈な経営を抜け出し、本来あるべき姿で会社経営できるチャンスを得る可能性も十分あります。日本ブームを上手く利用して、販路拡大することができれば海外進出を成功できる可能性も高くなるでしょう。

     

    海外進出前には十分な準備を行い、できるだけ外国人を採用することで現地とのズレを解消することができます。

     

    外国人を採用することに慣れていない日本企業にとっては、上手く職場で受け入れることができるか不安視してしまいがちです。しかし、外国人を採用することで得られるメリットは大きく、海外進出を検討する企業にとってはこれから必要な人材になることは確実です。

     

    海外進出を視野に入れている企業は、外国人の採用に力を入れることをおすすめします。




    関連記事

    article-logo
    日本企業の海外進出のメリットとは?現状から補助金までを詳しく解説します
    海外進出

    article-logo
    海外進出する前に企業がすべきこととは?コンサルサービスは賢く利用して支援をしてもらおう!
    海外進出 その他
    注目のサービス
    ダウンロードの際にご登録された個人情報は資料ダウンロード元のサービス運営会社(その連携会社)に提供されます。
    お気軽に始められる録画面接・オンライン面接のMovcube
    日本初!外国籍エージェント向け"共創型"スカウティングプラットフォーム「Sunrise」
    レジデンストーキョーのマンスリーマンション
    PIITs(ピート)
    【ITエンジニア×日本語上級】の採用ならTOMATES AGENT(トゥメイツ エージェント)
    外国人専門の生活総合支援サービス(住まい・携帯・人材)
    特定技能人材サービス
    外国人向け賃貸、生活支援サービス
    外国人の人材紹介・派遣サービス
    人財が必要な企業と外国人をマッチング