外国人採用支援の総合ポータルサイト dnus(ディヌス)
会員ログイン 無料会員登録
×

メニュー

無料会員登録 会員ログイン 資料 ニュース・記事 QA一覧 外国人採用企業向け資料
記事カテゴリー
人材サービス提供企業の一覧
人材紹介提供企業の一覧 人材派遣提供企業の一覧 アルバイト提供企業の一覧 新卒 / 第二新卒提供企業の一覧 転職 / 中途提供企業の一覧 求人媒体 / メディア提供企業の一覧 インターン提供企業の一覧 採用コンサル提供企業の一覧 採用代行 / RPO提供企業の一覧 特定技能 / 登録支援機関提供企業の一覧 技能実習提供企業の一覧 エンジニア提供企業の一覧 留学生提供企業の一覧 高度人材提供企業の一覧 その他人材サービス提供企業の一覧
ビザ / 士業
ビザ申請 行政書士 社会保険労務士(社労士) 司法書士 / 弁護士 ビザチェック 永住権 帰化 強制送還 国籍 在留カード 不法滞在 出入国在留管理庁 その他士業サービス
賃貸 / 住宅
不動産賃貸 社宅 家賃保証 その他賃貸住宅サービス
外国人受け入れサポート
外国人受け入れサポート インバウンド 訪日外国人
翻訳 / 通訳
翻訳 通訳
教育 / 語学
外国人社員研修 日本人社員研修 教育 / 日本語サービス
銀行 / 送金
銀行 送金
通信 / SIM
SIM WiFi インターネット スマートフォン
その他
海外進出 オフショア開発 その他

日本国籍の放棄(離脱・選択・喪失)とは何か?

ビザ申請 国籍
目次

    この記事は、日本国籍の他に外国籍を有する重国籍者が、日本国籍を放棄・喪失してしまうパターンと、放棄した際のデメリットを紹介する記事になります。

     

    日本では二つ以上の国籍を持つ重国籍を認めていません。したがって、日本では新たに国籍を取得した場合は、一方を放棄する義務があります。そのようなケースとして、日本人が外国籍に帰化したいと考え、自分の意志で外国籍を取得した際に、日本国籍を喪失してしまった(国籍法11条)、などがあります。放棄した側の国籍から受ける恩恵が無くなってしまうため、悩ましい問題です。

     

    日本国籍を有することで、多くの海外でビザが不要になることや、日本の様々な福利厚生が得られるため、メリットが大きいので、放棄した場合どうなってしまうか考える必要があります。

     

    将来、外国に帰化するかもしれない方や、既に重国籍となっている方などのために、本記事では、日本国籍を放棄する方法と、日本国籍を放棄した際のデメリットについてまとめています。

     

    日本国籍を放棄(離脱・選択・喪失)する方法

     

    日本国籍を放棄するケースは、複数の国籍を有している重国籍の方は、成人であれば基本的に2年以内に国籍を1つに選択しなければならないため、それに伴って日本国籍を放棄するケースや、2年の選択期間を過ぎてしまう等によって、日本国籍を喪失してしまうケース、さらに自ら離脱するというケースがあります。

     

    まず初めに、重国籍となるケースを整理します。日本国籍の他に、外国国籍を有している、いわゆる重国籍となるケースは以下の5つのどれかに該当します。

    参考:法務省ホームページ

     

    (1)   母が日本国籍、父が父系血統主義国の国籍、の子

    (例:生まれたときに,母が日本国籍,父がイラン国籍の子)

    (2)   父母どちらかが日本国籍、もう一方が両系血統主義国の国籍、の子

    (例:生まれたときに,父(又は母)が日本国籍,母(又は父)が韓国国籍の子)

    (3)   父母一方または両方が日本国籍である子で,生地主義を採る国で生まれた子

    (例:生まれたときに,父母が日本国籍であり,かつ,アメリカ,カナダ,ブラジル,ペルーの領土内で生まれた子)

    (4)   外国人父からの認知,外国人との養子縁組,外国人との婚姻などによって外国の国籍を取得した日本国民

    (例:生まれたときに母が日本国籍で,カナダ国籍の父から認知された子)

    (5) 国籍取得の届出によって日本の国籍を取得した後も引き続き従前の外国の国籍を保有している人

     

    しかし、重国籍者は一定の期間内に国籍を選択しなければならず、選択しなかった場合は、日本国籍を喪失することになります。国籍を自分で選択する期間は、以下の通りです。

     

    重国籍になったタイミングが

    20歳に達する前:22歳までに国籍を選択

    20歳に達した後:2年以内に国籍を選択

     

    つまり成人(20歳)前であれば、本人が成人した後に自分で国籍が選択できるように、22歳までという長い期間重国籍であることが許されますが、成人後であれば、2年以内に国籍を1つに選択する義務があります。

     

    国籍選択の方法、手続きは、以下の通りです。(本人が15歳未満の場合は、法定代理人が必要です)基本的に、国籍をア離脱するか、イ選択するかのどちらかの手続きを行います。

     

    外国の国籍を選択する場合(日本国籍を放棄(離脱)する場合)

    ア 日本の国籍を離脱する方法

      法務局、または外国にある日本大使館・領事館にて国籍離脱届の手続きを行う

      必要書類:戸籍謄本、住所の証明書面、外国籍の証明書面

    イ 外国の国籍を選択する方法

      選択する外国の法令に定める方法により国籍を選択

      市区町村役場または外国の日本大使館・領事館にて国籍喪失届の手続きを行う

      必要書類:外国籍を選択したことの証明書類

     

    日本国籍を選択する場合

    ア 外国籍を離脱する方法

      市区町村役場、または外国の日本大使館、領事館にて「外国国籍喪失届」の手続きを行う

      必要書類:戸籍謄本、外国籍の証明書面、住所の証明書面

    イ 日本国籍の選択を宣言する方法

      市区町村役場、または外国の日本大使館、領事館にて「国籍選択届」の手続きを行う

      外国籍の離脱手続きは当該国の政府、公館等に問い合わせる

      

    日本国籍を放棄(離脱・選択・喪失)させられる状況

     

    日本国籍を喪失してしまう状況は、大きく3つ考えられます。

     

    1.日本人(または未成年の親)が自分の意志で外国籍を取得(回復、選択)する場合

    2.出生子について、3か月以内に日本国籍を留保した出生届を提出しなかった場合

    3.成人後重国籍となってから2年以上経過した場合

     

    詳しく説明します。

     

    1.日本人(または未成年の親)が自分の意志で外国籍を取得(回復、選択)する場合

     

    これは、日本国籍をもつ本人、または未成年であればその親が

    以下のように自分の意志で外国籍を取得した場合、外国籍を選択したとみなされ、日本国籍を喪失してしまいます。(国籍法11条)

    ・外国籍への帰化

    ・外国籍取得申請

    ・一度喪失した外国籍の回復

     

    また、日本国籍を喪失した場合は、日本国籍喪失の事実を知った1か月以内に国籍喪失届を本籍地役場または日本大使館・領事館に届け出る義務があります。

     

     

    2.出生子について、3か月以内に日本国籍を留保した出生届を提出しなかった場合

     

    多重国籍となるケースは先に述べた5つのケースがありますが、これはその中でも出生子が多重国籍として生まれた場合についてです。保護者が、出生子の持つ日本国籍を持ったままにしたいという意思があれば、まず、出生子の日本国籍を留保する、という意思表示が必要になります。出生日を起算日として、3か月以内に、日本国籍を留保する意思表示をした出生届を提出する必要があります。これをしなければ、出生日をさかのぼって日本国籍を喪失することになります。

     

    この出生子の日本国籍を留保の手続きは、その子供が成人して2年後の22歳を迎えるまで多重国籍であることを留保するという意味になります。この手続きをすることによって、22歳になるまでに、本人の意思で自分の国籍を選ぶことができるので、日本国籍を留保しておくことをおすすめします。

     

     

    3.成人後重国籍となってから2年以上経過した場合

     

    先にも触れていますが、日本では基本的に2年以内に単一の国籍を選択する義務がありますが、手続きをせずに、

    ・日本人が外国籍を取得し2年経過

    ・外国人が日本国籍を取得し2年経過

    ・日本国籍を含む重国籍の出生子が成人後2年経過(22歳になる)

    等になった場合、日本国籍を喪失することになります。

     

     

     

    日本国籍を放棄(離脱・選択・喪失)した際のデメリット

    外国での生活を優先して、日本国籍を放棄するケースがあると思います。日本国籍を放棄した際のデメリットを考えてみます。

     

    1.信用度の高い日本のパスポートを失う

    2.日本国民の権利が無くなる

    3.日本国内の様々な契約が難しくなる

    4.老後の帰国が困難

     

     

    1.信用度の高い日本のパスポートを失う

     

    日本のパスポートによる日本人であるという証明は、国際的に信頼度が高く、海外旅行などでビザが不要であるケースが多いです。しかし、日本国籍を放棄した場合は、もちろん日本のパスポートは使えないため、そのような恩恵を受けることができません。

     

    2.日本国民の権利が無くなる

     

    大きくは「選挙権」と、「年金加入」です。

    日本国民ではなくなるので、日本の政治に関与することができなくなります。年金も同様に、加入することはできません。ただし、「年金の受け取り」は日本国籍の放棄後も可能です。ただし、そもそも年金の受給資格は10年以上の支払いを行っている者になるため、それ以下の年金の支払い期間の場合は、国籍を取得した当該国のルールによって異なってきます。

     

    3.日本国内の様々な契約が難しくなる

    家や車の購入や、ローンの審査、学校への入学、就職など、より金額が高く、より期間の長い契約程、本人に支払い能力があるか信用が問われてきます。そのような契約を日本国内で結ぼうとしたときに、日本国籍が無いということは大きなマイナスになってしまうようです。

     

    4.老後の帰国が困難

    一度日本国籍を放棄したのち、老後にまた日本で暮らしたいと考えるケースがあるようです。物理的には可能ですが、本人が高齢の場合、日本国内にいる近親者は他界している可能性が高く、日本国内で代理手続きをするのが大変なようです。また、書類の手続き等も国際便になるため、時間やお金もかかります。本人の体力も落ちてしまっているため、日本に帰ることを断念した、という結果になることもあるようです。

     

    日本国籍放棄(離脱・選択・喪失)のまとめ

    以上、本記事では日本国籍を放棄・喪失してしまうパターンと、日本国籍を放棄・喪失した場合のデメリットについて整理、考察しました。以下に要点をまとめます。

     

    ・日本では重国籍を認めていませんので、重国籍となった場合は基本的に2年以内に1つの国籍を選択し、残りの国籍を放棄することになります。

     

    ・出生子が重国籍の場合は、出生から3か月以内に日本国籍留保を記載した出生届を提出することで、22歳まで重国籍であることを留保でき、本人が成人後に選択することができるようになります。

     

    ・日本国籍を放棄する方法は「離脱」「選択」を選べます。市区町村の役場か、外国の日本大使館・領事館にて手続きができます。

     

    ・日本国籍を放棄させられる状況は以下の3つ

      1.日本人(または未成年の親)が自分の意志で外国籍を取得(回復、選択)する場合

    2.出生子について、3か月以内に日本国籍を留保した出生届を提出しなかった場合

    3.成人後重国籍となってから2年以上経過した場合

     

    ・日本国籍を放棄した際のデメリットは

      1.信用度の高い日本のパスポートを失う

    2.日本国民の権利が無くなる

    3.日本国内の様々な契約が難しくなる

    4.老後の帰国が困難

     

    これから外国に帰化を考えている方、既に重国籍である方は、ぜひ参考にしてください。詳しいことは、法務省のHPや、各当該国の政府HP等を確認するとよいでしょう。

     

     




    service-logo
    service-logo
    service-logo
    service-logo

    記事に関連するサービスを28件まとめて資料請求して、比較検討できます!

    ダウンロードの際にご登録された個人情報は資料ダウンロード元のサービス運営会社(その連携会社)に提供されます。

    関連記事

    article-logo
    【5分でわかる!】「みなし再入国許可」について手続きまで徹底解説!
    ビザ申請

    article-logo
    【日本の就労ビザは多すぎる…】就労ビザの申請から取得までの流れを解説!
    ビザ申請

    article-logo
    外国籍従業員を雇用する法人向けのウェブサービス ワンストップ・ビザサービス「one visa」【株式会社one visa】
    高度人材提供企業の一覧 ビザ申請 ビザチェック

    article-logo
    【2020年最新版】日本国籍を取得する方法は?取得は難しい?再取得は可能?徹底解説
    国籍

    article-logo
    日本国籍を取得し帰化する条件とは?メリットやデメリット、帰化する方法や手続きを一挙公開
    帰化 国籍

    business-logo
    【PR】外国人紹介サービス
    人材紹介提供企業の一覧 アルバイト提供企業の一覧 新卒 / 第二新卒提供企業の一覧 転職 / 中途提供企業の一覧 採用コンサル提供企業の一覧 採用代行 / RPO提供企業の一覧 特定技能 / 登録支援機関提供企業の一覧 その他人材サービス提供企業の一覧 ビザ申請 外国人受け入れサポート

    article-logo
    日本国籍を所得したい!日本人になりたい外国人の日本国籍の所得方法から結婚時に国籍が所得できるかまで徹底解説
    帰化 国籍

    article-logo
    日本国籍を所得するメリットは?デメリットや、永住権との違い、所得方法まで徹底解説
    帰化 国籍

    article-logo
    【2020年最新版】再入国許可とは?「再入国許可」と「みなし再入国許可」の違いや注意点、申請方法、必要書類など徹底解説
    ビザ申請

    article-logo
    【2020年最新版】家族滞在ビザで就労できる?在留資格から変更手続きまで徹底解説
    ビザ申請

    article-logo
    家族滞在ビザとは?取得方法から制度まで徹底解説
    ビザ申請

    business-logo
    【PR】就労ビザ申請代行サービスなら|行政書士法人jinjer
    ビザ申請 行政書士
    注目のサービス
    ダウンロードの際にご登録された個人情報は資料ダウンロード元のサービス運営会社(その連携会社)に提供されます。
    外国籍のエンジニア人材をご紹介します ~世界の即戦力人材と企業を結ぶプラットフォーム~
    外国人の人材紹介
    工場や物流などでの人手不足に!日本に住む外国人スタッフ派遣サービス
    人材不足に対するトータルサポート
    特定技能人材サービス
    一般社団法人 日本料飲外国人雇用協会
    海外理系女子の人材紹介
    韓国籍若手人材の紹介サービス
    外国人スタッフの総合管理アプリ「Connectee」
    「外国人人材採用サービス」のご案内