日本語オンライン教育サービス資料

資料説明

外国人社員向けの日本語オンライン教育サービス資料です。 日本語オンラインスクール(https://nihongo-jinzai.com/)は、「ビジネス日本語×オンライン」に特化した研修会社です。本資料では、日本語オンラインスクールのカリキュラム・プラン・料金詳細を掲載しております。 日本語オンラインスクールでは、クライアント様の業務内容に合わせたオーダーメイドカリキュラム、経験豊富な講師による「発話中心のレッスン」で、外国人社員の日本語会話力向上を支援させていただいております。 貴社に合わせた研修のご相談も随時承っておりますので、お気軽にご相談ください。 <お問い合わせはコチラ>https://nihongo-jinzai.com/contact/

3つのポイント

ビジネス現場で独り立ちを目標とした実践的内容。

受講社員の日本語レベル、業界、職種、利用シーンなどニーズに合わせた個別の学習プランにより、ビジネス現場で使える実践的なカリキュラムを構築しています。現状レベルを把握した後に使用教材、学習 プランを作成し目標達成に向けてサポートしているため、ビジネスで使える日本語が身に付いていること を早い段階から実感していただけます。日本語学校や集合研修の約3倍のスピードで費用効果が高い内容 となっています。

レッスンは全てオンライン。ご都合に合わせて受講可能。

レッスンは、SkypeやZoomを使用したオンラインのため業務時間外や週末の時間帯で、自宅でもマン ツーマン、グループクラスでの受講が可能です。受講者のご都合に合わせて受講いただけます。

学習前と学習後において到達度レベルチェックを実施する仕組み。

会話レベルは録画したレッスン内容をもとに複数の教師陣がレベルを10段階で検証し、学習効果や習 熟度を測ります。読み書きのレベルはJLPTオンライン受講型の模試を受けてもらい、どの程度実力が備 わったのかを確認します。これらを実施することによって、現状把握や今後の到達目標がはっきりと理 解できるため、効率よく学習を進めることができます。 どれだけの期間とコストをかければどれだけ伸びるのか、予め目安を確認してから受講可能です。

導入実績

■次回セミナーのご案内:外国人社員の会話力にお悩みの方必見!「ビジネス現場で必要な会話力を身に付ける方法とは?」 採用後の日本語コミュニケーションに課題を抱え、人材を活かしきれないとお悩みの企業様に向け ・日本語能力試験(JLPT)スコアが高くても、ビジネス会話ができない原因と対策 ・ビジネス会話力が向上する日本語研修の特徴 ・ビジネス現場を育てる日本語教育 をご紹介させていただきます。人事ご担当者様が、適切な語学施策を取り入れるために知っておきたい情報を網羅しておりますので、是非お気軽にご参加くださいませ。 <お申し込みはコチラから>https://nihongo-jinzai.com/seminor/