特定技能雇用支援コンサルティング『ENPORT』

資料説明

労働力不足を解決する在留資格「特定技能」雇用管理を内製化し、要点のみを専門機関に一部委託することでランニングコストを大幅カット。

3つのポイント

採用する人材の国籍選定から採用方法まで、貴社に合わせた支援

多くの業種・国籍で雇用支援を行ってきたウィルグループのノウハウを活かし、求人内容や採用方針、業種の特性に合わせて採用する人材の国籍や採用方法のご提案が可能です。

登録支援機関に頼らずとも特定技能資格者の雇用を可能に

特定技能資格が新設された初年度から、登録支援機関として多くの外国籍人材の支援を行ってきた実績があるため、貴社の体制に合わせて内製化すべき業務と委託すべき業務を切り分け、専門性の高い部分を委託業務として弊社で請け負うことが可能です。

支援委託料の削減による雇用コストを削減

本来、登録支援機関を利用する場合は給与とは1人当たり毎月3万~5万程度の支援委託料を支払う必要がありますが、必要な業務を内製化するだけでこの費用は削減することができます。

導入実績

新規サービス