外国人を採用したい経営者と人事のためのワンストップサービスdnus(ディヌス)
🔰 初めての方 ログイン 無料会員登録
×

メニュー

無料会員登録 ログイン ホーム ニュース・記事

インバウンドがもたらす経済効果とは?メリットからデメリットまでを解説

目次

     

    近年ニュースなどでもインバウンドという言葉を聞く機会が増えてきました。インバウンドはそもそも何を指しているのかという基本的なことから、インバウンドの経済効果について紹介していきます。経済効果が生まれることで起きるメリット・デメリットについても併せて紹介していきますので、インバウンドについて興味がある方は是非最後まで読んでくださいね

     

    インバウンドとは何か

    インバウンドは「入ってくる・内向き」という意味を持つ言葉で、現在ではビジネスの話をするうえで必要不可欠なワードとなっています。例えば営業職の場面では、お客さんの方から問い合わせていただいて提案する営業をインバウンドと言います。逆に自ら飛び込みや電話でアプローチをかけていく営業はアウトバウンドと言われます。

     

    そんな様々な場面で使われるインバウンドですが、今回は旅客・観光業界で使われるインバウンドについて紹介していきます。日本におけるインバウンドは、日本に入ってくるという意味になるので訪日外国人のことを指します。逆に日本人が海外に行くことをアウトバウンドといいます。

     

     

    インバウンドの消費額と消費用途。日本の経済効果に影響大!

     

    近年ニュースなどで取りざたされていた中国人の爆買い、2020年の東京オリンピック招致などを見ていると分かると思いますが、インバウンドが日本の経済に与える影響は非常に大きいです。

     

    ここでは、インバウンド旅客者が日本で使う消費額や消費用途について紹介してきます。

     

    インバウンドの消費額 

    訪日外国人観光客は近年大幅に増えており、官公庁が発表しているデータによると2011年は622万人程であったにもかかわらず、2017年には2869万人にまで増えています。もちろん消費額についても大幅増えており、2011年は8135億円であったのが2017年には4兆4161億円にまで増加しています。

     

    2017年段階での国別消費額は、中国が1兆6946億円・台湾が5744億円・韓国が5126億円・香港が3415億円と消費額が多い上位4国がアジアとなっており、インバウンド消費額のおよそ7割を占めています。その後アメリカの2503億円・オーストラリアの1117億円と続きますが、日本のインバウンド消費額は圧倒的にアジアからの流入が多いです。

     

    このように年間数兆円単位の消費がインバウンドから発生しており、経済効果というのは消費額だけではなくそこに付随する効果も含まれるので、インバウンドが日本に与える経済効果の大きさが分かっていただけると思います。

     

    インバウンドの消費用途 

    インバウンドの消費額が非常に大きいことは見ていただきましたが、では訪日外国人はどこにお金を消費しているのかについても紹介していきます。官公庁が出しているデータによれば、インバンドの消費用途は大きく分けて「宿泊費」「交通費」「飲食費」「買い物」「娯楽・サービス費」の5に分類することができます。

     

    観光などで日本を訪れているため当然宿泊費・交通費・飲食費は発生します。しかし、そんな観光客に絶対必要になる費用ではなく買い物の消費額が一番多いのです。2017年のデータによれば、買い物が1兆6398億円、宿泊費が1兆2451億円、飲食費が8856億円、交通費が4870億円、娯楽・サービス費が1439億円となっています。

     

    買い物の費用が消費額全体の4割近い金額になっており、訪日外国人観光客が日本で買い物をすることで生まれる経済効果の大きさが分かります。

     

    インバウンドの経済効果がもたらすメリット

     

    ここまでにインバンドの消費額と消費用途を説明しましたので、訪日外国人観光客が日本にもたらす経済効果の大きさが分かっていただけたかと思います。では、実際経済効果を生み出すことで生まれるメリットはどんなことがあるのでしょう。

     

    ここではインバウンドが生み出す経済効果のメリットについて紹介していきます。

     

    1.地域が活性化する

    インバウンドが増えることによって発生するメリットに地方活性化があります。日本に多くの外国人観光客が訪れるようになってからずいぶん経ち、以前は東京などの大都市や京都などの世界的な遺産が多く有名な都市に集中していました。しかし、近年は外国人観光客の楽しみ方も多様化してきたため様々な地域に観光客が分散しています。

     

     そのため少子化や労働人口が減ってしまい、消費額などが減っている地域にも経済効果が発生するため地域を活性化するのに一役買っています。また、インバンドの消費額を見れば大きな経済効果がある事が火を見るよりも明らかなので、インバウンドを呼び込むために地方の自治体も努力するため地域が活性化されます。

     

     また地方の良さに気づき、移住するという人も増えてきているので労働人口の確保や継続的な消費額の増加をさせることができる可能性もあります。

     

    2.伝統文化を保護し広めることができる

     多くのインバンドは日本の伝統や文化遺産を見るために日本に訪れます。特に体験型のイベントなども増えてきているため、日本の伝統を楽しみながら学べる環境が整ってきており人気が高まっています。近年はSNSなどで簡単に情報発信をできるため、インバウンドが日本の景色や建物などを紹介してもらうことで伝統や文化を広めるのに一役買っているのです。

     

     また、インバウンドを増やすことで伝統文化の保護にも効果があります。広く知ってもらうことによって、伝統文化の重要性を理解してもらい後世に残すべきであると認識してもらえます。当然インバウンドが増えれば消費額も増えるので、費用面でも伝統文化を保護するための助けになります。

     

    3.日本の経済成長につながる

    先程から話している通りインバウンドには非常に大きな経済効果が期待できます。日本は少子高齢化社会のため今後労働人口の減少が加速するといわれており、当然労働者が少なくなれば消費する人も少なくなります。国内での消費額を増やすことが難しい現状を打開できるのがインバウンドなのです。

     

     日本に来てまで買ってくれる商品の開発やサービスなど、インバウンドに今後も来てもらうには日本の魅力を向上させ発信していく必要があります。国内での消費額が増えるので経済が成長するというのはもちろんですが、消費を増やすために企業努力や自治体などが伝統や文化を効果的に発信するようになり結果的に経済の成長に繋がります。

     

    インバウンドの経済効果がもたらすデメリット

     

    ここまではインバウンドがもたらす効果などいい面を紹介してきましたが、当然いい面があれば悪い面もあります。インバンドを増やすことによって生まれる経済効果に必ず付随するものなので、デメリットについてもしっかり理解しておく必要があります。

     

    ここではインバウンドがもたらすデメリットについて紹介していきます。

     

    1.地域の風紀が保つのが難しい 

     インバンドが増えると風紀を保つことが非常に難しいです。なぜなら国によって考え方や文化が異なるからです。法律が違うのでルールを一定化させるのは非常に難しいですし、法律以外の部分でも日本人が日本で生活するうえで当然だとしていることも外国人には理解しがたい行為ということもあります。

     

     インバウンドがもたらす経済効果は無視できませんが、地域の風紀を保つことの難しさもしっかり理解しなくてはいけません。風紀を保つ対策なしにインバウンドが増えてしまうと、日本の伝統や文化を壊してしまう可能性もあります。

     

    環境整備を求められる   

    インバウンドを増やして経済効果を発生させるには。快適に日本で生活できるように環境整備をする必要があります。インバウンドはリピートを増やすのはもちろん、SNSなど観光客の口コミで増えます。魅力はあっても過ごしにくい環境の場所には、何度も行きたいとは思いませんし友達にも勧めることはされないため環境整備は急務なのです。

     

    環境整備をすることで業者を使うなど経済効果の一部にもなるのですが、行政や企業は環境整備のために必要な費用が増えますので初期投資をする負担が増えるというデメリットも発生します。

     

    インバウンドの経済効果を得るために必要なこと

     

    インバウンドの経済効果を得るために必要なことは、訪日外国人観光客が過ごしやすい環境をつくる事と、日本人にとっても過ごしやすい環境にしておく必要があります。

     

    ここからはインバウンドを増加させ、経済効果を効果的に上昇させるために必要なことについて紹介していきます。

     

    1.多言語に対応した交通機関、地図の表記 

     近年交通機関や飲食店などでも、注意事項などを多言語表記することが当たり前となってきました。海外旅行などで一番不便に思うのが言葉の壁です。言葉が伝わらないことで、やりたいことができない事や誤解を生む事もあります。

     

     外国語を話せるスタッフを雇うお店も増えてきていますが、すべてのお店が雇うことは現実的ではないので多言語対応した表記を設置するお店が増えています。

     

    2.Wi-Fi環境の設備 

     Wi-Fi環境を整えることも重要なポイントの1つです。海外旅行をしたことがある人は経験があるかもしれませんが、スマホなどを海外で利用した場合の通信料は非常に高額です。そのため、旅行中は通信を切りWi-Fi環境下のみで利用するという人も多いです。

     

     これだけスマホが普及時代ですし、文化伝統を広めていくためにもSNSを使った発信は必要不可欠です。手軽に通信機器を利用できる環境を作る必要があります

     

    3.マナーを呼びかける取り組み 

    デメリットを話したときに風紀を保つのが難しいという話をしましたが、風紀を保つために整備する必要があるのが日本におけるマナーを呼びかけていくことです。大半の外国人観光客の方も知らないだけで、わざと日本人の気分を害するためにマナー違反をしているわけではありません。

     

     外国人観光客も日本人もどちらも楽しく同じ空間で時を過ごせるように、マナーを共有していくことが重要なのです。

     

    インバウンドがもたらす経済効果とやるべきことのまとめ

    いかがでしたか、インバウンドがもたらす経済効果やメリット・デメリットについて分かりましたでしょうか。

     

    少子高齢化が進む日本では、年間何兆円単位の消費があり今後も増える見込みを立てることができるインバウンドは非常に重要です。しかし、一方で日本人・訪日外国人観光客どちらにとっても過ごしやすい環境づくりをしていく必要があるという難しさもあります。

     

    インバウンドの経済効果を効果的に発揮するためにも、メリット・デメリットを理解しておくことが重要です。

     




    関連記事

    article-logo
    日本企業は海外進出に意欲的?海外進出する際に知っておくべきことを徹底解説

    article-logo
    企業を変える存在?外国人採用のメリット
    新卒/ 第二新卒 転職/ 中途

    外国人を雇用したら必要な『外国人雇用状況』の届出とは
    新卒/ 第二新卒 転職/ 中途

    article-logo
    日本国籍の放棄(離脱・選択・喪失)とは何か?
    ビザ申請

    article-logo
    最初の難関!外国人が銀行口座を開設する時知っておきたい10のこと
    外国人受け入れサポート 銀行 送金

    business-logo
    【PR】マイナビグローバル -海外在住の外国人材採用サービス-
    人材紹介 新卒/ 第二新卒 転職/ 中途

    article-logo
    【12/19開催】日本人より優秀?!外国人優秀エンジニア採用セミナー~採用からビザ申請まで一から解説~
    その他

    article-logo
    【12/10開催】接客、販売、営業職向け 外国人材活用セミナー ~採用からビザ申請まで一から解説~【行政書士法人Jinjer 共催】
    その他

    article-logo
    海外現地面接会で始める外国人採用【株式会社ネオキャリア Bridgers】
    人材紹介 新卒/ 第二新卒 転職/ 中途 採用コンサル その他人材サービス

    article-logo
    在留資格を持つ外国人材の派遣・紹介【株式会社藤伸興業の派遣事業部(TSK)】
    人材紹介 人材派遣

    article-logo
    外国人を採用したい人必見!外国人雇用サービスセンターを徹底解説します!
    人材紹介

    business-logo
    【PR】在日外国人留学生の採用支援・サポート ~GLOBAL Campus 外国人受入支援サービス
    人材紹介 人材派遣 新卒/ 第二新卒 採用コンサル 採用代行/ RPO その他人材サービス ビザ申請 ビザチェック 外国人受け入れサポート
    注目のサービス
    ダウンロードの際にご登録された個人情報は資料ダウンロード元のサービス運営会社(その連携会社)に提供されます。
    外国人労務顧問なら、東京国際社会保険労務士事務所
    株式会社イミグラ
    外国人の人材紹介
    Work Visa
    【海外進出でまず必要】海外赴任規程の作成方法や、あまり知られていない注意点について
    人材不足に対するトータルサポート
    人財が必要な企業と外国人をマッチング
    外国人採用代行サービス
    外国人向け仕事マッチングアプリ Job&Work
    外国人人材紹介・株式会社クロボ概要